学校で学ぶ

SCHOOL「7つの習慣J®」を学校で学ぶ

CURRICULUM

「7つの習慣J®」のカリキュラムの特徴

600以上ある授業コンテンツから、学校は中学校~専門学校まで学校の狙いに沿ってカリキュラムを作成。
学校での7つの習慣は、「道徳」「総合」の時間で実施されています。

習慣化を促進する
プログラム

ゲームや演習、成功者の感動エピソードなどにより、自ら変わりたいと思う気持ちを引き出します。また毎回授業ごとに「今週のチャレンジ」を実施することで、「気付き→行動→振り返り」のサイクルで習慣化を促進します。

充実した
授業ツール

授業の進行手順が書かれた講師用マニュアル、生徒に視覚と音で訴える授業スライド、分かりやすい受講者用テキストなど、安定して高い授業品質を実現するための各種授業ツールを用意しています。

学校別の
さまざまなニーズに対応

豊富なプログラムの中から学校ごとに選択して使用できるため、さまざまなニーズに対応しています。 人格教育や学力向上、また経済産業省の「社会人基礎力」とも親和性が高く、キャリア教育としても活用できます。

考え、選択し、行動する。その積み重ねがやがて「習慣」になります。

子ども達一人ひとりの「習慣」に働きかけることにより、アクティブラーナーの資質を育んでいきます。

SYLLABUS

「7つの習慣J®」のシラバス

「7つの習慣J®」を、学校に導入しているシラバスの例を一部ご紹介。

  • ※クリックすると拡大します。
  • ※クリックすると拡大します。

MOVIE

「7つの習慣J®」を動画で見る

EFFECT

「7つの習慣J®」の導入ニーズと期待効果について

習慣が変われば結果が変わります 「7つの習慣J®」はこんな想いに応えます

何かうまくいかないことがあったときでも、自分で改善し行動できる力を育みたい

自ら将来のありたい姿を考え、目標を定める力を育みたい

毎日の時間の使い方を、「重要なこと」にフォーカスし、計画できる力を育みたい

自分だけでなく、みんなが満足できるようなより良い方法を考える力を育みたい

相手の話だけでなく、気持ちも理解し、お互いがわかりあえるコミュニケーション力を育みたい

自分と異なる意見も尊重し、かけあわせることで、より大きな結果を創り出せる力を育みたい

これら1つ1つの学びを、自らより深く磨いていける能力を育みたい

プログラムの導入をお考えの方へ

「7つの習慣J®」プログラムは、全国の多くの教育機関や学習塾において、
子どもたちの総合的な成長を支える特色あるプログラムとしてご活用いただいています。